高野白山の九州易占塾

徒然の記

太極の実体(その1)~素粒子論より

易経の注釈書にとどまらず、優れた思想書でもある繋辞上伝(けいじじょうでん)では、太極について、次のように書いています。
「この故に易に太極あり。これ両儀を生ず。両儀は四象を生じ、四象は八卦を生ず」
易占学では、宇宙の根源を太極という概念で説明しています。
これは三百八十四種類の爻(こう)から大成卦(六十四)へ、大成卦から小成八卦(八つ)へ、小成八卦から四象(四つ)へ、そして両儀である陰陽(二つ)、太極(一つ)へと収斂していく、とさかさまに読みとることもできます。
では、太極とは何か、真実などと同じ単なる概念と思うものの、物質を究極まで分割した素粒子を調べれば実体がわかるかもしれない、あるとすれば形や働きはどうなっているのか、調査の手がかりを宇宙に求め、太極の本質を探究したプロセスをシリーズでご紹介しましょう。

1 素粒子の大きさ
素粒子は、物質の最小単位で、その大きさは、一万兆分の1cmです。
ちなみに細菌の大きさは、1万分の1cm、ウイルスは、50万分の1cmです。

2 素粒子の普遍性
物質のかけらであり、波動でもある素粒子は小さすぎて目に見えないだけで、全宇宙に、私たちが生きている空気中にも、またブラックホールの底にも熱を持ったまま溜まり、果ては秒速30万kmという光の速さで137億年かかるといわれる宇宙の限界までびっしり充満しています。

3 物質と反物質
宇宙を理解するためには、物質と反物質への認識が欠かせません。
原子を占有するエネルギーである電子がマイナス電気を持っている状態を物質といい、電子がプラス電気に帯電している状態を反物質と呼びます。

4 反物質の消滅
物質にはマイナス電気の陰、反物質にはプラス電気の陽を配当することができます。
宇宙創生時につくられた物質と反物質は、直後に衝突し、巨大なエネルギーとなって消滅したものの、物質が数量、寿命ともわずかに反物質を上回っていたため、我々が生存できる物質世界ができました。

5 陰陽のアンバランス
宇宙空間では、反物質が残存している可能性がありますが、少なくても地球上では物質しか残っていません。
反物質が消滅した現象をややこしくCP対称性の破れ、などといいます。
近代物理学の時代も含めて長い間、陰と陽は、同質、同量、同数であり、同じものの裏表と考えられてきましたが、素粒子論では、陰と陽の同質性、同量性、均衡性は、歳破どころか宇宙創成直後に崩れていたことがわかります。

※Cは物質と反物質の相互変換性 Pは物質と反物質の相互鏡面性をいう。
※歳破~方位学では、その年の十二支の反対側を物事の破れを意味する歳破という。

ブラ高野~巣鴨地蔵通り

滋賀県草津温泉への回廊でかつての中山道の一部を形成する、巣鴨地蔵通りは、東京都豊島区、JR山手線巣鴨駅から歩いて5分の場所にあります。
この通りは、「おばあちゃんの原宿」といわれ、東京の通りでも高齢者の街という印象がありますが、実は若い人も多く、老若ともに人どおりが激しいわりには落ち着いた雰囲気があります。

珍しくて楽しくなるような専門店もあり、歩くだけでも和みの効果があります。
街づくりが上手な地元の人にはいつも感心しています。

巣鴨地蔵通り入口
巣鴨看板

もてなしの街すがも
巣鴨石碑

にぎわいの様子
巣鴨通り

面白いかさの専門店
巣鴨かさ

1000均ショップ
巣鴨千円ショップ

 

 

 

新感覚派~日本文学史の栄光

新感覚派は、ジャーナリストの千葉亀雄が新しい言語表現に着目し、「新感覚派の誕生」と発表して以来、大正後期から昭和初期にかけて流行した文芸刷新運動です。
代表作として、横光利一の小説「頭ならびに腹」は、大人の童話あるいは長詩として読むと面白く、新感覚派としてふさわしい小品なので、その特徴あるセンテンスを抜き出してみましょう。

⦿最上級単語の連続
「真昼である。特別急行列車は満員のまま全速力で馳けてゐた。」
わずか1行のうちに、真昼、満員、特別急行列車、全速力という最上級単語で列車のスピード感を存分に伝えています。

⦿擬人法
「野の中に名も知れぬ寒駅がぼんやりと横たはつてゐた。」
「列車は目的地へ向つて空虚のまま全速力で馳け出した。」

⦿比喩
「沿線の小駅は石のやうに黙殺された。」

「いつも 海辺に 誰かがみえる。街は いつまでも あの星である」というようなフランス詩の影響下にあるとはいえ、横光利一の天才性を十分に感じることができます。
当時の読者は、日本語表現の斬新な印象に驚嘆したでしょう。
横光利一や川端康成らの新感覚派は、自ら新感覚派という呼称と言語形式に束縛され、日本文学の潮流として残ることなくうたかたのように消滅したものの、象徴性や擬人法の多用が日本語世界の可能性を広げたという実験的な意味で長く記憶されるべきでしょう。

ブラ高野~甘棠館跡(かんとうかんあと)

黒田藩では、西暦1784年(天明4年)、九代藩主黒田斉隆のとき、藩校が東西二ヶ所に設置され、そのうち福岡城そばに創建されたのが西学問所甘棠館(福岡市中央区)です。

館長亀井南冥は、朱子学は憶測の説であると批判し、経世済民思想を主軸とした徂徠学派の学者で、生徒の自主・自発の学習を重んじた、といいます。

西暦1798年(寛政10年)校舎が火事となった上、寛政異学の禁止令もあり廃館となったものの、藩士多数の人材を輩出し、その学風は、朱子学派の東学問所校修猷館(しゅうゆうかん)と対抗し、並び称されました。

 

西学問所石碑
西学問所石碑

 

西学問所看板
西学問所看板1

TOPページ

ページの先頭へ