高野白山の九州易占塾

徒然の記

タロットカードⅪ~正義(Justice)

タロットカード№11は、正義(Justice)を表しています。
背筋を伸ばし、鋭い眼差しで静かに座っている人が持つ右手の剣は、社会の不正と虚偽を正し、左手の秤は、公平でバランスのとれた判定を表現しています。
剣は、誤謬は許されない両刃の剣であり、深い自省力と本物を見きわめる鋭い観察眼が、正義を発動するための決め手となります。
均衡を保っている秤は、不思議なことに向って右の受け皿がやや大きく見えるのですが、これは、公平の概念は左右対称とは限らないという基本理念があるからです。
ヨーロッパでは、数字による公平よりも、調和や機能の均衡が正義の観念を表すとみているのでしょう。
正義とは何か。
ヨーロッパ文明が掲げる正義の発動目標は、誰もが納得できる実質的な公平の実現です。
フェアプレイとしてあらわれる公平性は、ヨーロッパ文明を理解するキーワードの一つです。
真珠湾奇襲攻撃は、アメリカ人の正義感を激しく刺激し、戦争参加のきっかけとしてアメリカ世論の喚起に利用されたことに思いを致すべきでしょう。
このカードは、正位置では、相性の良さや正しい判断、計算、逆位置では、非常識や独断、不安定を意味します。

 

TOPページ

ページの先頭へ