高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野~矢切の渡し

江戸時代初期に運行を開始したといわれる八切の渡しは、江戸川をはさんで東京都葛飾区柴又と千葉県松戸市矢切を結んでおり、現在も渡し舟が運行されています。
都内に残る唯一の渡し舟であり、小説「野菊の墓」にも登場しています。
なによりヒット曲「矢切の渡し」を生んだ渡し場として有名です。

TOPページ

ページの先頭へ