高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野~旧戸畑市庁舎

旧戸畑市庁舎(北九州市戸畑区)は、戦前の1934年に開庁し、合併後も1972年まで北九州市の本庁舎として機能していました。
旧小倉市をはじめとする、かつての北九州5市のうち、旧戸畑市は人口が10万人程度で最も少なく、地味な街でしたが、財政黒字が続き立派な庁舎を持っていました。
福岡県庁舎や福岡市庁舎が取り壊されていく中で、古い建物を保存していく北九州市民の熱意が印象に残りますが、現在でも図書施設として活用され、通算すると80年以上役立っています。

この庁舎の構造は、鉄筋コンクリート造 地下1階、地上2階建、今では珍しい塔屋付で、延床面積は、約3,150㎡あります。

旧戸畑市庁舎

TOPページ

ページの先頭へ