高野白山の九州易占塾

徒然の記

マルコ福音書

マルコ福音書(新共同訳)では、イエスの行為・行動を次のように描いています。

イエスは、
1      悪霊を退治した。
2      重い皮膚病(レプラ)、中風、手の病(病名不明)、異常出血など病気を治癒した。
3      突風を静めた。
4      天を仰いで5000人分のパンと魚をつくった。
5      湖の上を歩いた。
6      処刑されて死んだが、生き返ってマグダラのマリヤにお姿を見せたあと、世界に福音を伝えるよう弟子たちを叱咤激励した。

イエスの言動には愛を感じますが、うんざりするような奇跡のオンパレードです。

これに比べると、日本密教の魔術性など可愛いものです。

ショーン・コネリー主演の「薔薇の名前」というミステリー映画を見れば、中世における異端審問の実情がわかりますが、異端への残酷な弾圧・抹殺は、カルト性の排除でもあったのか、と今頃になって気づきました。

また、その神秘性を秘匿するため、神の愛を前面に打ち出し、信者の眼をそらしていったのでしょうか。

全世界10億人ともいわれるカソリック教徒がそろってカルトに走れば、地球は滅亡するほかないわけで、ローマ教会のご心労を察することができます。

ザ・プリンセス~薔薇の名前
image[1]

TOPページ

ページの先頭へ