高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野~お汐井取り

お汐井取りは、箱崎浜で行なわれる櫛田神社の神事で、山舁き姿で流(ながれ)が集まる最初の行事である。
7月1日は当番町のみがお汐井取りを行い、7月9日は全ての流が総出で行う。

各流ごとに山小屋前に集合した山舁き姿の男衆が当番町に集合し、弓張提灯(笹竹に提灯をつけたもの)を先頭に約6キロの「お汐井道」と呼ばれる通りを小走りに箱崎浜まで駆け抜ける。

箱崎浜に着いた一行は沖に向かって柏手を打ち、一礼して海に入り波打ち際のお汐井(清めの真砂)を「お汐井枡」や「てぼ」にすくい取る。

この時に取った砂は、舁き手の体や山笠台にかけたり、袋ごとつるされることもある。
箱崎浜の砂は、山笠に出る時はもちろんだが、清めの塩と同じように振りかけて使用するのである。

箱崎浜

 

TOPページ

ページの先頭へ