高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野~筥崎宮

筥崎宮(はこざきぐう)は筑前国の一宮、宇佐神宮、石清水八幡宮とともに三大八幡宮と言われ、気位の高さは、鳥居をくぐってすぐ左に建っている「皇族下乗」のサインを見てもわかる。
神社の名称は、箱崎宮ではなく、筥崎宮という。
ただし地名や駅名は筥崎宮に遠慮してか箱崎浜や箱崎駅となっている。

元寇の際に亀山上皇が「敵国降伏」を祈願し、神門に「敵国降伏」の扁額が掲げられて以来、海上交通・海外防護の神として信仰されている。

ご祭神は、神功皇后のご子息である応神天皇であるが、この人物は実在したかどうか不明である。

筥崎宮境内看板

TOPページ

ページの先頭へ