高野白山の九州易占塾

徒然の記

易経の三大思想 その2 安定

1 安定の思想
⑴ 概要
安定の思想については、天地否と地天泰という二つの大成卦で説明可能である。
天が上にあり、地が下になるというノーマルな形の天地の卦が否定を意味し、逆に地が上にあり天が下になる、という地天の卦が安泰を意味するのはなぜか?
天地否は柔である地の上に、剛である天が乗り、地は今にも押しつぶされそうで不安定感を表し、地天泰は、剛である天の上に、柔である地が乗っているためバランスがとれ平穏である、とみるのである。これは易経独特のバランス感覚である。

⑵ 地天泰
泰は、小往き大来(きた)る。吉にして亨(とお)る。
・解釈~地天泰は、つまらない小人が去っていき、賢者が近寄ってくる。吉にして通る.

地天の卦は、上に断線の軽い柔が乗り、下では直線で重い剛が支えるので、バランスがとれているとみるのである。
あるいは地は下へ下り、天は上へ上るので天地陰陽が融合し安定するともいう。
三国志という戦記に描かれているばかりではなく、中国共産党一党支配の現代でも、文化大革命という美称のもとで、1,000万人単位の大虐殺があったように、絶え間ない戦乱の大陸である中国で生まれた易経の理想は、安定した平和な社会の実現である。
※泰は、おおきい、やすらか、という意味で、安泰、泰然、

⑶ 天地否
否は、之(こ)れ人に匪(あら)ず。君子の貞に利ろしからず。大往き小来る。
・解釈~まともに人のとるべき道が行われない。君子であっても正しいことが通用しない。見識ある立派な人は去っていき、つまらない小人(しょうじん)がやってくるからだ
否の熟語は否定、否認、拒否がある。
算木の形をみると、上に直線で重い剛があり、下が断線で軽い柔となっている。剛が柔を押しつぶすという将来の危機を告げているのである。
あるいは乾(天)は上へ上り、坤(地)は下へ下るので、天地分裂を表す。

※戦時捕虜虐殺の事例
長平の戦い(BC260年 )~秦が趙の捕虜20万人を虐殺した。
鉅鹿(きょろく)の戦い(BC207年)~楚が秦の捕虜20万人を虐殺した。

TOPページ

ページの先頭へ