高野白山の九州易占塾

徒然の記

桝掛け線

感情線先端は、人差し指と中指の方向に上がって行くケースが多いのですが、手のひらを一直線に真横に横断する感情線を特に桝掛け線といいます。
桝掛け線の人は、物やわらかで温厚な外面ですが、執着心が強く、気むずかしく、かつ節約家でお金の使い方が上手く、昔から大蔵大臣の相と呼ばれています。
歴史上の人物では、徳川家康公が桝掛け線の持ち主です。
豊臣家を滅ぼすまでの執念深さ、手練手管、大名を手なずけるための金使いのうまさは、まさに桝掛け線の特徴をあらわしています。

TOPページ

ページの先頭へ