高野白山の九州易占塾

徒然の記

不吉の戦闘旗~大一大万大吉(だいいちだいきちだいまん)


東西16万人の兵士が戦った関ヶ原の戦いは、今から420年前の西暦1600年、西軍の惨敗で終わった。
この国の三大内乱は、壬申(じんしん)の乱、関ヶ原の戦い、明治維新と続くが、東西対決は、西軍の1勝2敗である。源平合戦を含めると、さらに東国優位が明確になる。

大一大万大吉の旗印は、関ヶ原の戦いで、笹尾山に陣取った石田三成公の戦闘旗であるが、漢字の画数は全部で合計19画、これは障害多難を意味しているので、当然ながら凶である。
運勢が強すぎ、極端に縁起が良い文字を六つも書いた旗印を立てて戦闘に臨むのは、東軍による戦況の揺り戻しを覚悟する必要がある。運命学では、吉と凶の絶え間ない交代・変化が事物の本質とみるのである。
石田三成公の陣営は、「治部 憎し」と東軍諸将の集中攻撃を受け、戦線全体を支えきれなかった。
吉の次には凶、陽の次は陰が待っていたのである。

それにしても西軍の負け方がひどかった。
250万石の太守を相手に五分は無理にしても、せめて四分六分で停戦に持ち込めなかったのが残念である。
当初から第二戦線を想定して、豊臣秀頼を擁して大阪城に立てこもり、戦う姿勢を見せ長期戦に持ち込めれば、チャンス到来もまんざら絵空事ではなかったのである。
勝てる、と思い込んでいたので、乾坤一擲(けんこんいってき)の勝負に出たのであろう。

大一大万大吉の戦闘旗は不吉ではないか?

旗印(大一大万大吉)

 

 

 

易とは何か その12~八卦の由来

○八卦の由来
むかし天下に王として君臨していた包犠(ほうぎ)氏は、上を仰いでは天体の現象を観測し下を見ては大地の形状を観察し、鳥獣の模様や土地の有様を見て、また近い所では自分の身体を参考に、遠い所では、物のかたちを見て初めて八卦をつくったが、八卦により、天地神明の徳を反映させ、万物の情報を分類したのである。

○書き下し文
古者(いにしえ)包犧(ほうぎ)氏の天下に王たるや、仰いですなわち象(しょう)を天に観(み)、俯(ふ)してはすなわち法を地に観、鳥獸の文と地の宜(ぎ)とを観、近くはこれを身に取り、遠くはこれを物に取る。ここにおいて始めて八卦を作り、もって神明の徳を通じ、もって万物の情を類(るい)す。
※宜~有様、様子

ブラ高野~雲の富士山

富士山は、静岡県と山梨県にまたがる火山で、標高は約3776ⅿ、日本最高峰の独立峰である。
高さの世界ランキングでは108位だが、その高さよりも形状の美しさが魅力の源泉であろう。
時には雪が積もってない山頂が見える場合もあるが、その年は全国的に水不足になるようである。
この山は日本列島の中心部に位置するからであろうか。

富士山を詠った山部赤人(やまべのあかひと)の有名な和歌は、
「田子の浦に うち出(い)でてみれば 白妙(しろたへ)の 富士の高嶺(たかね)に 雪は降りつつ」    新古今集より

意味は、
田子の浦に出かけて、遙かにふり仰いで見ると、白い布をかぶったように真っ白い富士の高い山頂に雪がふっていた、というどうということはない歌だが、絵を見るように富士山の情景が浮かびあがってくるのが不思議である。

雲の富士山

易とは何か その11 ~吉凶悔吝の判断

いったん占った限りは、易経からのアドバイスを無視したり、見過ごしたりすると、不思議に不運から逃れられないことがあるので、易を立てる場合は、結果に従うという勇気と気構え、姿勢が必要である。

○吉凶悔吝の判断
八卦が序列どおりに並んで、万物のかたちはその中に含まれる。
八卦を重ねた六十四卦に爻を配置している。爻(こう)は、剛柔互いに推移・交錯することによって様々な変化を生じる。
卦と爻より、万物の動きが言い尽くされる。吉凶悔吝(きちきょうかいりん)は、万物の変動から生じるのである。

○書き下し文
八卦列を成して、象(しょう)その中に在り。因(よ)りてこれを重ねて、爻(こう)その中に在り。剛柔相推(あいお)して、変その中に在り。辞(じ)を繋(か)けてこれに命じ、動その中に在り。吉凶悔吝(きちきょうかいりん)は、動に生ずるものなり。

易とは何か その10~乾と坤の対立・統一

○乾と坤の対立・統一(易の弁証法)
乾と坤の対立と統一が易の核心である。乾と坤が天地上下に分かれ、つらなることで易が成立するのだ。乾と坤の相互関係がなくなれば、易の働きを見ることもない。易の働きを見ることができなければ、乾と坤の相互関係も終息したも同然である。

○書き下し文
乾坤はそれ易の縕(うん)か。乾坤列を成して、易その中に立つ。乾坤毀(やぶ)るれば、すなわちもって易を見ることなし。易見るべかざれば、すなわち乾坤あるいは息(や)むに近し。
※縕(うん)~核心、奥底

ブラ高野~タンポポ


タンポポは、キク科タンポポ属、道ばたや野原に多い雑草で、草丈は15cm、花は一般に黄色ですが、白花もあります。
生命力の強い植物で、アスファルトの裂目から生えることもあります。
立ち上がった花茎の先端にできる果実は、綿毛(冠毛)の付いた種子を作り、湿度が低いときに綿毛は風によって飛び散ります。
風に乗って飛ばされた種子は、地上に落下しても秋になるまで発芽しません。
種の保存という観点からは優れて巧妙な性質を持っています。

タンポポの花言葉は、別離、幸せ、愛の神託、神託、真心の愛
たんぽぽの綿毛は息を吹きかけると遠くへ飛んでいってしまうことから別離という花言葉が生まれたといわれています。
恋占いは、たんぽぽの綿毛を1本ずつ「好き」「嫌い」と、交互に抜いて相手の気持ちを探る方法がよく知られています。
また、一息で綿毛を吹き切れれば恋心が叶うとされることから、幸せという花言葉が生まれました。

タンポポの花

 

 

ブラ高野~庚寅銘大刀(こういんめいたち)

福岡市教育委員会は2011年9月、福岡市西区の元岡古墳群で西暦570年を示すとみられる「庚寅」や「正月六日」など銘文が象嵌(ぞうがん)された鉄製の大刀が出土したと発表しています。
庚寅は、訓読みで「かのえとら」、音読みで「こういん」と読みます。

この大刀は干支や日付という暦が入った、日本で最初の使用例だそうです。
銘文は、全部で「大歳庚寅正月六日庚寅日時作刀凡十二果練」と読むことができます。
意味は、「大いなる庚寅の年、庚寅の月1月、庚寅の日6日、およそ12回鍛錬してこの刀をつくった」となります。(高野白山訳 異説あり)
銘文作者は、
「寅の年、寅の月、寅の日というめでたい時に12回も鍛錬して造った幸運の大刀である」という意思をこめているのでしょう。

この大刀は、欽明天皇の時代、西暦では570年1月27日に完成しました。

庚申銘大刀

 

 

易とは何か その9~河図・洛書(かと・らくしょ)

○河図・洛書
この故に、天が筮竹や亀甲(きっこう)のような神秘を生んだことにより、聖人は、卜筮(ぼくぜい)の術を始めた。天地の変化を見ならって、聖人は陰陽の原理を抽出した。天が示す吉凶を参考に聖人は吉凶の判断を設けた。黄河から出た河図(かと)、洛水から発見された洛書(らくしょ)により、聖人は八卦をつくったのである。

○書き下し文
この故に天、神物(しんぶつ)を生じて、聖人これに則(のっと)り、天地変化して、聖人 これに效(なら)い、天、象(しょう)を垂(た)れ吉凶を見(しめ)して、聖人これに象(かたど)り、河図(かと)を出し、洛書(らくしょ)を出して、聖人これに則(のっと)る。

※河図(かと)と洛書(らくしょ)
河図~神話上の天子である伏羲(ふっき)が黄河から発見した神馬の背の斑 紋を図案化したといわれている。
洛書~夏王朝の始祖である禹王が洛水(黄河支流)の治水工事中に発見した亀の甲の模様を写し取ったといわれている。

ブラ高野~花やしき通り

花やしき通りは、浅草六区と浅草寺を結ぶ、江戸情緒豊かな通りです。
空腹になると、沿道にはとんかつ、もんじゃ、咽喉が乾けば喫茶の店舗が並び東京の味を楽しむことができますが、昭和の時代にタイムトリップしたような錯覚が起こるトワイライトゾーンでもあります。
この通りを花やしき遊園地の前から抜けて、浅草寺の本堂に突き当たると、少しだけホッとするのは私だけでしょうか?

花やしき通り

易とは何か その8~易の根源

○易の根源
このため、易には陰陽以前の根源として太極(たいきょうく)が存在する。太極から陰 陽である両儀(りょうぎ)が生まれ両儀から老陽・少陽・老陰・少陰である四象(ししょう)が生じ、四象から八卦が生まれた。八卦は、吉凶を予知し、大事業を成就させるのである。
なぜ易に四象があるのか。変化を示すためである。なぜ辞(じ)は必要か。未来を告げるためである。なぜ未来に吉と凶の区別を立てるのか。人々の疑いに断をくだすためである。
○書き下し文
この故に易に太極あり。これ両儀を生ず。両儀は四象を生じ、四象は八卦を生ず。八卦は吉凶を定め、吉凶は大業(たいぎょう)を生ず。
易に四象あるは、示すゆえんなり。辞(じ)を繋(か)くるは、告ぐるゆえんなり。これを定むるに吉凶をもってするは、断ずるゆえんなり。

TOPページ

ページの先頭へ