高野白山の九州易占塾

徒然の記

予定調和の世界

今から413年前、西暦1600年、石田治部少輔三成は、関ヶ原の戦いで笹尾山に陣取り、「大一大万大吉」の旗印を立てて奮戦しましたが、小早川秀秋の裏切りが直接の原因で敗北し、斬首されました。

「大一大万大吉」は、一人が万人のため、万人は一人のため尽力すれば天下大吉、という意味だそうです。

「大」「一」「万」などという吉のパワーが強い文字を六つも書いた旗印で出陣すると、次の局面では激しい揺り戻しが凶を呼び込む、という見本のような事例です。

変化と反変化の循環作用により、振り子のようにバランスをとる力が吉から凶へ、また凶から吉へと繰り返しかつ絶え間なく働き、神とか宇宙とかややこしいことを言わなくても、事態は、予定調和の世界を目指して収束していくのです。

天下大吉という気持ちはわかりますが、戦闘に臨んでこの旗印は不吉というほかありません。

それにしても負け方が悪い、五分の引き分けは無理でももう少しまともな負け方があるだろう、と思うものの、先人の奮闘に敬意を表して評価は控えなければなりません。

石田三成公の旗印
image[2]

正岡 子規

正岡 子規(慶応3年~明治35年)に明治33年の句会で発表された
「鶏頭の十四五本もありぬべし」
という俳句があります。

庭の鶏頭を詠んだだけでどうということはないようですが、不治の病に罹った病人が赤い鶏頭を眺めている情景を思い浮かべると、この俳句が持つ生命力の発露に気づきます。

正岡 子規は、当時としては治療法がない脊椎カリエスに罹患しながら、激しい痛みの中で、感情をあらわにせずにさりげなく自分の生命力を庭に咲く鶏頭に託して詠っていることがわかります。

この俳句の前では、万葉集の山上 憶良はもちろん、芭蕉や吉本 隆明さえ小さく霞んで見えます。
持ち味が違うので、比較は無意味と思いつつ、この俳句によって、正岡 子規は、万葉から現代まで日本第一の詩人であると言わざるを得ません。

「鶏頭の十四五本もありぬべし」
子規絵葉書

 

不思議な夜

毎年同じ時期になって想うのは、ライトアップされた夜桜の美しさです。
普段は、単なる老木ですが、櫻が咲くと見事な妖艶さを発揮して通行人を楽しませてくれます。

今夜は、朧月、朧月に夜桜、とくれば、春を競演する役者が揃ったようです。
評論家の丸谷 才一氏が江戸歌舞伎の春公演に秘められた呪術性を解明していますが、どこかで何かが起こりそうな予感がする不思議な夜となりました。

満開の夜桜
夜桜

 

 

Shot BAR LAG

優華先生の鑑定サロンを兼ねるShot BAR LAGで美味しいカクテルをいただきました。
味は、微妙に甘酸っぱく、後味のさわやかさが口の中に広がります。

お店は、旧唐津街道沿いにあり、落ちついた雰囲気でゆっくり過ごすことができました。
アルコールが苦手な私でも時間を忘れてしまいそうでした。

一日の疲れを取るのに絶好のスペースです。
場所は、東区箱崎、筥﨑様のすぐ近くにあります。
(連絡先 092-631-0057)

優華先生は、カジュアル・ハート(092-791-7447)にも出務されます。

Shot BAR LAGにて
LAGにて

 

短編小説シリーズ~魅惑の断崖(その5)

突然、焚火のはるか上空に金切り声を聞き、南へ漂うように飛んで行くきしゃな黒い鳥を見ようとして跳び上がった。―アオサギ―叫び声と長い首でわかった。
アオサギがとまっているのが見れるかも知れないと思って浜辺に走ったが、南へよろめくように飛び去り見失ってしまった。

ハスラー兄弟が真夜中をすぎた地獄はこういう感じに違いないと言い、私達はどんどん焚火に木を放り込み、上着を着て暖かい砂に丸くなって寝た。
まどろむふりをした者もいたが、ほんとうはティップの断崖と死に絶えた人々のことを考えているのだと私は思った。
森にじゅずかけ鳩が仲間を呼んで悲しく鳴き、一度は遠く犬が吠えるのを聞いた。「老いぼれトミーのメロン畑に誰か入り込んでやがるんだ」とフリッツが眠そうにつぶやいたが、誰も相手にしなかった。
物陰からパーシーが大声でしゃべり始めた。

「おい、ティップ、行く時は僕を連れて行くかい」
「たぶん」
「誰かがおまえより先に着いたらどうする」
「誰が最初に見つけても、正確に教えるって約束しなきゃいけないぜ」
皆、快く同意した。

何か安心したような気持ちになって眠った。
競争で断崖へ行くことを夢見ていたに違いない。
というのは、ほかの者が私を追い抜き、一番乗りの機会を失う恐れで目を覚ましたからだ。
湿った服のまま立ち上って仲間を見まわした。
消えた焚火のまわりに窮屈なかっこうでころがっていた。

まだ暗かったが、空は夜の終りの素晴しい淡青色に蒼ずんでいた。
星は水晶玉のように輝き、美しい深い水を通り抜けて光るように震えていた。
空を見た時は、すでに星が青白くなりかけて、夜が明け始めていた。
陽の光が突然射した。私は真暗な夜を見ようとして再び振り返った。

鳥が鳴き、虫がちゅうちゅう鳴き柳を飛び跳ねた。
そよ風が西から吹き、熟れたとうもろこしの強い匂いを運んだ。
私達はころがりまわって体を揺らした。
太陽が風そよぐ崖にかかった時、はだかになって河に飛び込んだ。

クリスマスでサンドタウンの家に帰った時、島でスケートをしたが、その時に『魅惑の断崖』の計画をすべて立てた。
そして、発見するための決意を新たにしたのだ。

*              *

 二十年前のことだが、いまだに『魅惑の断崖』には登っていない。
パーシー・ポンドはカンサスシティーで株式仲買人になり、赤い旅行用の車に乗ってどこへでも出かけて行く。
オットー・ハスラーは鉄道で働いている時に、貨車をとめようとして片脚を失った。
そのあと、彼とフリッツは父親のあとを継いで街の洋服屋になった。

アーサーはこの眠そうな小さな街で、座ったまま人生を終った。
―彼は二十五才になる前に亡くなった。
最後に会ったのは夏休みで家に帰った時だったが、サンドタウンの酒場裏の小さな庭に生えているポプラの下でスチーム付の椅子に座っていた。
その姿はだらしなく、手はだらっと垂れていたが、挨拶しようとして平気なふりで立ち上った時、瞳はかってと同じように美しく暖かだった。
一時間位話をして彼の笑い声を再び聞いた。

自然が一人の男の手から弓形に曲がった長い足までどんなに苦痛を与えても、サンドタウンでは自然はその男に負けているのだと思った。
ティップ・スミスの『断崖』に冗談をとばし、もっと涼しくなったらすぐに行くつもりだと言った。
―グランドキャニオンのことだと彼は考えていたのかも知れない。
彼は高い板屏と心地良いポプラの影から出られないだろうと帰る時に思った。
そしてある夏の朝、そのポプラの下で亡くなった。

ティップ・スミスはニューメキシコへ行くんだと今だに言っている。
だらしなくむだ使いの好きないなか娘と結婚し、車イスから離れられずにひどく束縛されたことがあったし、食事をまともにせず、充分に眠らないことが続いた為に、頭には白髪が混っていた。
しかし最も苦しい時は過ぎて、そのときは穏かな生活をしていた。

月が明るく照らす深夜、二人で家まで歩いて帰ったのだが、すでに現金の帳尻を合せ商売をやめていた。
私達は遠く回り道をして学校の階段に座った。
そして、孤独な赤い岩山と死に絶えた人々のロマンが復活したのだ。
彼は、今でも行くつもりだと言うが、息子のバートが充分大きくなって自分を連れて行くようになるまで待とうと思っている。
バートにその物語を話したので、彼は『魅惑の断崖』以外のことは何も考えていない。

~完~

作者のプロフィール
Willa Cather (1873~1947)
(ウィラ・キャザー)

バージニア州生まれ。ネブラスカ州で少女時代を送った。
この作品はその頃の経験を素材にしたと思われる。
ローカル色の強い女流作家。

代表作は
O Pioneers!(オー、開拓者達よ)
A Lost Lady(失踪した貴婦人)
Shadows on the Rock.(岩の上の影)

春の使者

福岡市の西部を流れる室見川でシロウオ漁が始まっています。
生きたまま酢醤油で流しこんだり、天ぷらにして食べます。

40年近く前ですが、単線の筑肥線が走っていた時は、河畔の料亭から橋を渡る汽車の汽笛が聞こえて、特に夕暮れ時は、何とも言えない風情がありました。

懐かしい風景がよみがえってきます。

下流側(左側)から上ってくるシロウオ捕獲
シロウオ漁

短編小説シリーズ~魅惑の断崖(その4)

「ほんとうにこの河はどこから始まっているんだろう」とティップが物憂げに言った。
これは、地図で説明できない古く興味ある謎だった。
地図では、細く黒い線が西カンサスのある場所で消えていた。
しかし、河というものは、山々に源を発しているので、私達の河も当然ロッキー山脈から流れて来ているのは間違いないのだ。

河はミズリーに続いているのを私は知っているのだが、ハスラー兄弟は、洪水期にサンドタウンを船出してまっすぐ進んだら、結局ニューメキシコに着くなどと言っていた。
そして、みんなが昔から論争の的になっていることを話題にした。
「たとえ、僕達でも、充分勇気があってやってみさえすれば、カンサスシティーかセントジョージにたいした時間をかけずに着けるだろう」

行きたい所を話し始めた。ハスラー兄弟はカンサスシティーの家畜場を、パーシーはシカゴの大店舗を見たがった。アーサーが司会をして最後までその役をきちんと務めた。
「今度はお前の番だ、ティップ」
ティップはひじを突いて寝ころび、焚火をつつき、奇妙なしまった小さな顔からは、内気そうな瞳がみえていた。
「僕が行きたい所は、恐しく遠いよ。ビルおじさんが教えてくれたんだ」
ティップのおじさんビルは、宿無しの金鉱探しで、足の骨を折り、サンドタウンに流れて来たのだった。
よくなったら再び出て行った。

「どこだ」
「ああ、ニューメキシコだ。鉄道も何もない。ラバに乗って行かなきゃならないし、着く前に水を飲み尽し、トマトのかんづめでも飲まなきゃならない程なんだ。」
「続けろよ、着いたら何を見たいんだ」
ティップはすくっと立ち上り、興奮気味にしゃべり始めた。

「砂地から九百フィートもそびえ立つ赤い大きな岩山があるんだ。岩山のまわりは平らな土地で、それだけが記念碑のようにそびえている。白人はその頂上まで行ったことがなく、『魅惑の断崖』と呼ばれている。なだらかな斜面がずっと続き、壁のようにつっ立っている。
原住民が言うには、何百年も前、一番上の空中に突き出たところに村があった。住みついていた部族は特殊な梯子段を持ち、それは木や樹皮でできていたんだが、崖にひっかけ垂らしていた。
村の勇者達が狩りに行く時に下り、背に振れる瓶の水を運ぶのに上がって行ったのだ。水をぞんぶんに補給する時や狩りに行く時以外は決して降りなかった。衣や陶器を造る平和な人々で、戦争を避ける為に、登って住んでいるんだ。かりに軍隊がその小さな梯子段を上ろうとすれば、どんな戦闘部隊でも全滅させることができた。寛大で、奇妙な宗教を持っていたそうだ。戦争に巻き込まれ、故郷を捨てた『クリフ・デゥエラーズ』だとビルおじさんは考えている。とにかく、彼らは戦争が嫌いなんだ」

「ある時、村の勇者達が降りた後、ものすごい嵐―竜巻―が襲って来た。
戻ろうとしたら、小っちゃな例の梯子段がほとんど粉々に砕けていた。二・三個だけがひっかかって空中に残っていた。彼らが岩山のふもとで野営している間、何が起ったと思う。どこからか軍隊が襲撃して来て、岩の上から眺めていた老人や婦人など村人を虐殺した―。それから彼らは南へ進み、残った村人を一番簡単な方法で、下へ降そうとした。もちろん跳び降りなかったので、そこで餓死した。戦闘部隊が北へ帰ろうとした時、子供達が断崖の縁につかまって泣き叫んでいるのを聞いたが、子供達には彼らが合図を送っているのがわからなかった。以来、そこには誰も住んでいないということだ。」

私達はこの悲しい伝説に感激して叫び立ち上がった。
「もともと人が住んでいないんじゃないか」とパーシーが疑った。
「頂上はどのくらいの広さなんだ、ディップ」
「めちゃくちゃに広い。あんまり広すぎて同じ高さの所からでもほとんど見渡すのは無理だ。頂上はふもとより広いんだ。崖が数百フィートすり減っている。登りにくいのはそのためでもあるんだ。」

はじめて登った時はどういうふうにしたのかと私が尋ねた。
「どんな方法で、いつ登ったのか、誰も知らない。かつて狩猟隊が登ってみたが、昔の街の跡まで行ってそれだけだった。」
オットーはあごを撫でながらおもむろに見まわした。
「もちろん、そこに行くには何か方法があるに違いない。ロープを頂上に投げ上げて、梯子を引っぱり上げるっていうのはできないかな」

ティップの小さな瞳が輝いた。
「僕、知ってるんだ。ビルおじさんとは何もかも打ち合せを終っている。ロープを取り付けた狼煙矢―水難救助者が使う物だが―で縄梯子を打ち上げ、それを木釘で地面にとめ、もう一方をささえ綱でかたくしばる。僕、その断崖を登るつもりなんだ。計画は全部立て終っている。」
フリッツが、登ってしまえばどんな物を見つけるだろうと聞いた。
「街の廃墟、多分、骨、陶器、そして偶像。ほとんど何もないかも知れない。とにかく見たいな」

「ほんとうに誰も行ったことはないんだな、ティップ」とアーサーがきいた。
「絶対間違いない。誰も行っていない。かつて狩猟隊が階段を作って登ろうとしたんだが、それは白人なら誰でも行けるような程度だった。断崖はどこも赤い花崗岩で、ビルおじさんは氷河がけずってなだらかになったと思っている。とにかく奇妙な場所なんだ。サボテンと数百マイルも続く砂漠のほかは何もなく、右の断崖の下にはおいしい水と豊かな草原がある。だから野牛が降りてくるんだ」

~続く~

饅頭

胃が小さいのか一度に多く食べられないので、おやつを食べるのが習慣になっています。
今日は、粒あん餅とやぶれ饅頭をいただきました。

毎日、お店の前を通りますが、ダクトからモクモクと水蒸気が出ています。
饅頭をふかしているのでしょうか。

80歳近い、無愛想なご老人が朝から饅頭づくりに励んでいるようです。
見かけは不ぞろいですが、特に、粒あん餅は甘味が強烈で、抜群においしいです。

饅頭

短編小説シリーズ~魅惑の断崖(その3)

「ひしゃくの柄の下にあって、特に中心が輝く三つの大きな星を見ているのか?」
「その三つの星はオリオンの帯で、真ん中に輝く星は止め金だな」
オットーの肩ごしに這って、彼の腕をたどって見上げると、しっかり指した指先に星がとまっているように見えた。ハスラー兄弟は夜中に引網漁をしているので、美しい星をたくさん知っているのだ。

パーシーは小熊座を諦め、砂地にあお向けにねて頭の下に手を添えた。
「僕、北斗七星の位置がわかるんだ」満足げにつぶやき、大きな足指でその方向をさした。
「道に迷ったら、あの場所を知らなきゃならないんだぜ」
みんなで北斗七星を見上げた。

「羅針盤があっても北方を指すことができなかった時代、コロンブスはどんなふうに航海したのだろう。」とティップが尋ねた。
オットーが頭をふった。「親父が言ってるぜ、昔は北斗七星がもう一つあったんだが、長くはもたなかったんだろうって。北極星に何か悪いことが起ったら、その下にいる僕達はどうなるかしら」

アーサーがくすくす笑った。
「心配ないよオットー。おまえが生きている間は、何も起こりそうもないな。銀河を見ろよ、死んだ善良なインディアンに違いないぜ!」

私達はあお向けになり、どこということなく眼をやり、大地をおおう暗い空間について想いを馳せた。
ザァザァという水の音がだんだんひどくなった。
夜は、その音に不穏な不平たらしい様子を気づいていたが、真昼の快活なくすくす笑いと全く違い、もっと深刻にもっと力強く聞こえた。
河は常に二つの様相をしていた。
一つは陽の光がふりそそぐような従順さと、もう一つはもの想いに沈んだ熱情的な悲しみだった。

「星空の星を図形にする方法は、変っているんだろうな」とオットーが言った。
「どんな幾何の定理でも、たいてい図形をつかって解けるんだぜ。それは、いつも何か意味があるように思える。人の未来は星に詳しくあらわされている、と誰か言わなかったかな。」
「僕の祖国、ドイツではそう信じているんだ。」とフリッツがきっぱり言った。
しかし、アーサーだけが笑った。

「フリッツ、おまえナポレオンのこと考えているな。彼が戦争に負け始めたのは、廃れた星を持ってからなんだ。思うんだが、星はサンドタウンの人間をしっかり見守ってやってないぜ。」
誰かが、「月が出てくる。荷馬車みたいに大きいぞ!」と叫んだ。とうもろこし畑の向うに黄昏の星が沈むまでに、星をいくつ数えられるか考えた。

背後にそびえる崖に月が泳ぐようにかぶさってきた。
それで、挨拶しようとして、全員がとび上がった。
月はいっぱいに帆を張ったガリオン船のようにのぼった。異教の神のように赤く巨大で野蛮だった。
「こういうふうに月が赤々と昇った時、アズテク族は神殿の一番上で、人を生贄にする習慣があったんだ。」とパーシーが教えた。
「続けろよパーシー。おまえは『黄金の日々』を手に入れて読んでいる。アーサーはその内容を信じるのか」と私がきいてみた。

アーサーは真に迫って答えた。「そう信じてもいいな。目は彼らの神の一つだ。親父がメキシコシティーにいた時、囚人を生贄にした石を見たんだ。」
焚火のまわりに腰をおろした時、『マウンド・ビルダーズ』がアズテク族より古い時代の人々なのかどうかまた誰かが尋ねた。
いったん『マウンド・ビルダーズ』について話し始めると、その話題から誰も離れようとはしなかった。
水面をバシャバシャ跳ねる大きい音を聞いた時さえ、まだその事を考えていた。

「大きい魚が跳ねているに違いない。」とフリッツが言った。「奴ら、時々そうするんだ。闇の中でも虫を捕らなきゃならんからな。月の跡を見ろよ!」
水面に長い銀色の縞が写っていた。流れが大きな流木をおおって波立ち、金の小粒のように泡だった。

「この古い河のどこかに、黄金が隠されているという伝説をどう思う。」とフリッツが尋ねた。
褐色の肌をしたインディアンの子供のように寝そべり、火のそばによって手の上にあごをのせ、大気の中に素足を投げだした。
彼の兄は笑ったが、アーサーはその思いついたような疑問を真剣に受けとめた。

「コロナドと部下が、どこかこの地に黄金があると信じたんだな。七つの都市に黄金がぎっしりつまっていると思い込んで登ってきた。 その昔、彼らはこの国で亡くなったんだ」パーシーが興味ありそうに聞いていた。
「モルモン教徒が通りすぎる前のことかい」
これにはみんなが笑った。

「それよりもっと前、ピルグリム・ファーザーより前のことなんだぜ、パーシー。たぶんこの河にそって来たんだ。」
~続く~

お祝い

20年以上前から交流している6人のグル―プで、最後の1人が平成25年3月31日付けで退職します。
(1人欠席)

定年まで勤め上げるのは、並大抵ではありませんが、何はともあれめでたいというほかありません。
人生の区切りとして還暦を迎えるので、お祝いの会場で記念撮影をしました。

今からも元気で生活していきたいものです。

記念撮影
石田氏お祝い

12

TOPページ

ページの先頭へ