高野白山の九州易占塾

徒然の記

人相シリーズ~奴僕(ぬぼく)

・上唇と下唇の横線を境として、頬の下の部分を奴僕(ぬぼく)といい、部下運、子供運をみる。

・ここの肉がなくさみしい感じの人やあざや傷があると、いい部下に当たらないか、子供との縁が薄い。

・ふくよかで、福々しい印象の人は、部下や目下と良好な関係を築き、細かいことにこだわらない性格である。

・この部分に暗い色がでれば、部下の裏切りが近い。

☆未来へのサクセスストーリー~占いスクール☆
http://www.takanohakusan.jp/seminar/

人相シリーズ~男女(だんじょ)

・下まぶたは、男女の交わりとその延長である子供運が表れるので、男女(だんじょ)という。

・ここは、性機能の強弱や変化をみるところで、ホクロや傷がなければ肉体的に満ち足りた男女関係を送る。

・妊娠して50日間は、下のまつ毛が立ち、そのあとホルモンの分泌により紅色が出て少し潤む。

・ホクロは、泣きボクロといって、子供のために苦労する。

・皮膚がきれいで、盛り上がっていると、健康な子供に恵まれる。

 

☆未来へのサクセスストーリー~占いスクール☆
http://www.takanohakusan.jp/seminar/

 

人相シリーズ~妻妾(さいしょう)

・目尻を妻妾(さいしょう)と呼び、ここでは恋愛運をみる。

・縁談では、男性は左の目尻、女性は右の目尻に薄い紅色が出て、さらに命(めい)、田宅(でんたく)の色ツヤも良ければ申し分ない。

・ムッチリと肉づきがよい人は、水商売をすると人気が出て結婚も早い傾向がある。

・色ツヤがすすけたように悪くなると、夫婦間、恋人間でトラブルが起こる。

・男性で青暗い色になっていれば妻や彼女の病気、女性では夫や彼氏の病気を疑う必要がある。

・ニキビや赤い点、また薄茶色や黒い色が出たときは、異性との不仲、トラブルが起こりやすい。

・この部分から上に青筋が立っている人は、異性との離別が避けられない。

 

☆未来へのサクセスストーリー~占いスクール☆
http://www.takanohakusan.jp/seminar/

人相シリーズ~田宅(でんたく)

・眼と眉毛の間、上まぶたを指す田宅(でんたく)は、田畑と宅地の意味であるが、ここは、相続運や引立運を表す。

・田宅が広ければ親の職業、仕事をひき継いだり、遺産を相続する。

・会社では上司から抜擢を受けたり、また昔から長寿の相といわれ、性格が温厚である。

・きれいでツヤのある場合は、仕事も家庭生活も順調であり、ほんのりと紅色がでると恋愛がうまくいっている証拠である。

・眼と眉の間が極端に狭い場合は、親の遺産を引き継ぐことはできない。

・すすけた暗い色に見える場合は、内臓疾患、神経症を疑わなければならないが、疾厄(しつやく)がきれいな色をしていれば病気の心配はない。

☆未来へのサクセスストーリーが展開する占いスクール☆ http://www.takanohakusan.jp/seminar/

人相シリーズ~兄弟(けいてい)

・眉全体を兄弟(けいてい)と呼び、主に親や兄弟との縁を表す。

・毛並みが美しく長い眉は、親兄弟との縁が深く、長寿の相である。

・眉の長さが眼の長さより短い場合や眉が薄い人は、肉親との縁が薄い。

・眉のなかにある大きなホクロは、その人の聡明さを表す。

・眉骨が目立って高い人は、寿命が長く文学や音楽等芸術的才能に恵まれる。

 

~未来からのサクセスストーリーが展開する占いスクール~
http://www.takanohakusan.jp/seminar/

人相シリーズ~遷移(せんい)

・額の両側でやや上部の部分を遷移(せんい)といい、遠隔地における物事の変化をみるところである。例えば、遠方の取引先の良否、転居や旅行の可否を表す。

・きれいな色が出れば、遠隔地での交渉、取引が順調に進む。

・旅行前に暗いくもりが出ると、楽しい旅行は期待できない。

・ホクロがある人は、遠方取引の窓口となってはいけない。

人相シリーズ~福徳(ふくとく)

・眉の上部に指を横に当てた範囲を福徳(ふくとく)といい、財帛とともに金銭運をみるところである。

・ピカピカ光り冴えた色をしている人は、事業、商売が順調で、金まわりが良くなる。

・皮膚がしなびたようになり暗くみえれば不意の出費がまぬがれず、黒い色が目立てば事業、商売をしても大損して生活が苦しくなる。

・この部分に傷がある人は、金運がないため、金もうけ、商売に不向きな人である。

 

九州易占塾では、各種講座を開講しています。

詳細は、下記をクリックして下さい。
http://www.takanohakusan.jp/seminar/

人相シリーズ~財帛(ざいはく)

・財帛(ざいはく)は、鼻頭(はながしら)を指し、主に金銭運を表す。

・色ツヤが良いのは、健康で金銭運好調のときである。

・鼻筋が通って肉づきがよく、小鼻が張ってきれいに輝く人は、金まわりがいい。

・すすけたように汚く見える場合は、ギャンブルで負けたり、商売で赤字が出るなど金に行きづまっている証拠である。

・赤い点や赤い苞(ほう)ができていれば、金策の不調を暗示する。

・二つの鼻孔は、二つのかまどを意味し、両方の形、大きさが揃えば、旺盛な生活能力、財運豊かとみる。

 

人相シリーズ~疾厄(しつやく)

・疾厄(しつやく)は、鼻の根元、文字どおり疾病と厄災を表し、本人及び家族の健康状態や事故を暗示する。

・きれいな色が出た時は、家族全員が健康で喜び多い生活を送っているあかしである。

・青色がかった場合は、病気発症のサインであり、幼児でも青い縦筋がみえる場合は、何らかの疾患を持っていることがあるので、小児科検診を受ける必要がある。

・灰色やねずみ色がかかった場合、胃、十二指腸、小腸など消化器系疾患を疑う必要がある。

・黒い色の場合は、大病を患う前兆、あるいは重大な事故にあう可能性がある。

・二段鼻の人は、腰痛に注意する必要がある。

・この部分が凹んでいる人は、体が弱い

TOPページ

ページの先頭へ