高野白山の九州易占塾

徒然の記

タロットカードⅧ~力(STRENGTH)

タロットのカード№8は、力(STRENGTH)を表しています。
このカードをみると、素手で獅子を抑え込んでいる女性からは憎しみや嫌悪の表情がなく、憐みの感情さえ読み取ることができます。
この女性がただ者ではないことは頭の上に描かれている、無限大を意味するレミニスカートのサインからも明らかです。
このカードは、精神力を武器として獣性を象徴するエゴや本能とどう戦っていくか―克己という深刻で重大な課題を提示しています。
これは、また強固な意志力と障害を乗り越える忍耐力、最後まであきらめない粘り強さを強調するカードでもあります。
正位置では、大恋愛やバイタリティ、逆位置では、別離や自信喪失、諦めなど事態の悪化を意味します。

 

 

ブラ高野~不忍池(しのばずのいけ)

上野公園にある不忍池は、周囲約2km、全体で約11万m2。東で京成上野駅、南と西で不忍通りに面しています。
現在では、埋め立てが進んでただの溜め池のようになっていますが、江戸時代から明治初期まではもっと水深が深く、水量豊かだったようです。
池の中央には弁才天を祀る弁天島があります。
不忍池は、三つのパーツに分かれて、それぞれ、一面蓮で覆われる蓮池、ボートを漕いで楽しむことのできるボート池、カワウが繁殖している鵜の池です。
かつてここは東京湾の入り江でしたが、海岸線の後退とともに水だけが取り残されて、池になったと考えられています。

 

吉凶悔吝(きちきょうかいりん)が生じる理由

吉凶悔吝がなぜ生じるのか.
繋辞下伝によると、その理由は、万物が変化・変動するため、ということになります。
世界を読み解くキイワードの一つは、「変化の様相」といっていいでしょう。

「八卦が序列どおりに並んで、万物のかたちはその中に含まれる。八卦を重ねた六十四卦に爻を配置している。爻は、剛柔互いに推移・交錯することによって様々な変化を生じる。卦と爻より、万物の動きが言い尽くされる。吉凶悔吝は、万物の変動とその様相から生じるのである」

○書き下し文
「八卦列を成して、象その中に在り。因りてこれを重ねて、爻その中に在り。剛柔相推して、変その中に在り。辞を繋(か)けてこれに命じ、動その中に在り。吉凶悔吝は、動に生ずるものなり」

ブラ高野~東武博物館

東京の東向島駅高架下にある東武博物館は、交通・流通・住宅・レジャーなど総合産業を経営する東武グループの中核企業である東武鉄道の資料や車両などを展示しています。
この博物館は、東武鉄道創立90周年記念事業として1989年(平成元年)に開館しました。
九州ではなじみがありませんが、東武鉄道は、JRを除くと営業キロ数(463km)は、近鉄に次いで全国第2位、大手私鉄の一つです。
ちなみに西鉄は、営業キロ数約100km程度です。
路線は、東武スカイツリーライン・日光線や野田線を軸とした本線と、東上本線・越生線からなる東上線の2つの路線があります。

 

 

 

TOPページ

ページの先頭へ