高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野~筑紫舞(つくしまい)

筑紫舞は、かつて舞踏者集団である筑紫傀儡子(つくしくぐつ)と呼ばれる人々によって伝承されてきた神前舞踏劇です。
普通の神楽と違って、跳躍したり、回転したり足の使い方に特徴があり、エンターティナー性に富んでいるので観ていて楽しくなります。
現在は、西山村光寿斉を初代宗家とし、二代目宗家・西山村津奈寿をはじめとする数十人のお弟子によって筑紫舞が継承されているそうです。

 

 

タロットカードⅢ~女帝(The Empress) 

女教皇(じょきょうこう)は知的で物静かなタイプですが、女帝(じょてい)は、情熱的な明るい女性です。
華麗なコスチュームと過剰な装飾もこの女性の威風(いふう)を引き立てています。
華やかに折り重なったドレスに描かれたザクロは、豊穣(ほうじょう)を意味し、女帝の豊満さが息づき、このカードから深い情感が匂い立つようです。
彼女の眼差しは、包容力にみち、豊かな展望と繁栄を暗示しています。
人は、ちょっとした幸せや満足感を大切にすることで、気持ちも穏やかになり優しくなれるのです。
出来事自体には何の意味もなく、受け止め方がその人の人生や人格を決定するといいます。
正位置では、実りある恋愛や充実した時間、逆位置では、成就しない愛や女らしさを感じさせない不安定感を意味します。

 

ブラ高野~若戸渡船(わかととせん)

洞海湾によって隔てられた北九州市若松区と戸畑区を結んでいる若戸渡船は、北九州市営渡船の一つです。
若戸大橋の歩道が廃止されたため、今でも通勤、通学で若松と戸畑の交通機関として活躍していますが、大きな街で川のような狭い海に渡し船があるのは、珍しいといっていいでしょう。
暖かい季節は、運賃100円で3分間ですが、快適な海の旅を味わうことができます。
渡し船の名称は、第十八若戸丸(38トン)とくき丸(19トン)といいます。

 

 

タロットカードⅥ~恋人(The Lovers)

西暦392年、キリスト教のローマ帝国国教化により、太陽神信仰はじめローマの神々も含めた信仰が禁止されて以来、異教、異端狩りをしつこく続けた結果、ヨーロッパ大陸にはキリスト教という一神教が根付くことになりました。
現代ヨーロッパ人が何を考えているか、本音は何か、ヨーロッパ文明にアプローチするには、タロットカードに描かれるキリスト教のエピソードに手がかりを求める方法があります。

タロットカード№6には「THE LOVERS」というタイトルでアダムとイブが描かれていますが、旧約聖書の創世記によれば、「その日ヤハウェ神は地の土くれから人を造り、彼の鼻に生命の息を吹きこまれた。そこで人は生きた者となった」(岩波文庫版)
一神教世界と多神教世界を区分する基準は、宇宙をつくりあげたというクリエイター(創造神)の概念を肯定するかどうかですが、多神教徒にとっては、宇宙は単なる礼拝対象であって、ただそこにあるだけ、八百万の神というようにクリエイターには無関心です。

旧約聖書の創世記が叙述しているように、ヤハウェ神が天地をつくりあげ、土くれからできた人間に生命を吹き込んだという考え方をすれば、キリスト教を特徴づける、激烈なカルト性を表すよみがえりの思想が出てくるのは不思議ではありません。
日本列島からみれば、ヨーロッパ大陸に住む人々の多くがイエスの復活、生き返りを信じるクリスチャンであることに驚きを禁じ得ません。

クリエイター(創造神)の存在を認識すると、なぜヨーロッパ諸国は死刑制度を廃止するのか、グリーンピースがどうしてルールを破ってまで野生種の保護活動をするのか、根底にはヤハウェ神が創りだした生命(いのち)を人間が勝手に奪ってはいけないというキリスト教思想があることに気づきます。

卓越した文明批評家でもあるビートたけしは、次のように指摘しています。
「キリスト教なんて、今でこそ世界に広まっているけど、ローマ帝国時代は新興宗教にすぎなかった。『処女懐胎』に『奇跡』に『復活』ときたら、それこそカルトそのもの。世間の扱いは、今のオウムとたいして違わなかったはずだよ」
(「そのバカがとまらない」~ビートたけし著)

現代文明をリードしているヨーロッパは、イエス生誕から2000年にわたって連綿と続くカルト性の強いキリスト教大陸でもあるのです。
ヨーロッパにはキリスト教対反キリスト教の二つの思想潮流が存在するという見方が正しければ、人間同士の友愛や人道を強調するフリーメイソンには、神の愛を否定する反キリスト教の匂いがしてなりません。
フリーメイソンについては武器商人のグラバーや坂本龍馬との関係を含めて別途論じつつ、その深部を追跡していくことになるでしょう。
ちなみに全世界のクリスチャンは、20億人ともいわれています。

このカードは、恋愛や結婚、出会いを意味し、人生を全うする決意表明でもあります。
正位置では、充実した恋愛、ラブチャンス到来、逆位置では、別離、チャンス喪失、誤った選択を意味します。

 

TOPページ

ページの先頭へ