高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野~瀬戸大橋(せとおおはし)

瀬戸大橋は、本州の岡山県倉敷市と四国の香川県坂出市を結ぶ合計10の橋の総称である。
3ルートある本州四国連絡橋のうち児島・坂出ルートにあり、橋の大部分は香川県に属する。
この橋は、1988年(昭和63年)に全線開通したが、四国と本州を初めて道路、鉄道で結んだ記念すべき橋であり、また鉄道道路併用橋としても世界最長で、2015年のギネス世界記録にも認定されている。
2017年には日本の20世紀遺産にも選定された。

瀬戸大橋構造物

暦の見方 その3~土用

1 意味
四季の直前は、大気変化の兆候がでるといわれ、季節の変わり目に体調を整える準備期間であり、これを土用という。土用の期間は通常は18日間である。
土用が明けると春、夏、秋、冬という新しい四季が始まる。
年に4回ある土用は、冬の土用は春に向けて、春の土用は夏に向けて、夏の土用は秋に向けて、秋の土用は冬に向けて体力、抵抗力をつけるための時間でもある。
医療が今ほど発達していなかった時代に発見した、先人たちの知恵である。

2 期間
令和3年の土用は次の通りである。
・秋の土用~10月20日から11月6日まで
・冬の土用~1月17日から2月2日まで
・夏の土用~7月19日から8月6日まで
・春の土用~4月17日から5月4日まで

ブラ高野~若松南海岸通り

若松南海岸通り(北九州市若松区)は、洞海湾に面して若戸大橋すぐ下の湾岸沿い、歩きやすいので散歩する人もちらほら見かける。
ここは大正期の建物も残り、時には映画の撮影にも使われる撮影スポットとしても有名であるが、恵比須神社、若戸大橋、上野ビルや旧古河鉱業若松ビル、石炭会館、ごんぞう小屋など古くて懐かしい建築物が点在している。
かつての神戸や横浜のメリケン波止場を思い起こさせるほど詩情豊かな空間である。

若松南海岸通り

暦の見方 その2~お盆の種類、時期

お盆の種類は、旧盆、7月盆、8月盆の3種類である。
旧盆は、旧暦により明治4年まで設定していたお盆である。
旧盆の7月15日は新暦になると毎年8月下旬から9月上旬を移動する。
令和3年の旧盆は、8月22日である。
7月盆は、旧盆の日付けを変更せずに新暦でも7月15日としたものの、農繁期に重なるので、使い勝手が良くない。
7月盆を単に1箇月ずらしたのがなじみのある、月遅れの8月盆である。

・旧盆  旧暦の7月15日
新暦では毎年8月下旬~9月上旬となる。毎年ずれるのでわかりにくい。

・7月盆 新暦の7月15日
農繁期に重なる。

・8月盆  新暦の8月15日

TOPページ

ページの先頭へ