高野白山の九州易占塾

平成26年(2014年)の運勢~一白水星の人

(立春の平成26年2月4日から平成27年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢

  • 一白水星が大地、母、従順、労働を象徴する坤宮(こんきゅう)に回り込みます。
  • 今年は、衰退の運気から逃れるので、大地に足が着いたようにほっと安心できる年になります。
  • 昨年の不調を引きずる今年前半に課題に手をつけると、後半から活力増進の気運が出てくるので、解決へ向けて事態が動き始めます。

○生活の指針

  • 人の意見を参考にしたり、従順に教えを乞う姿勢、また信頼できる友人に相談する気持ち、そして人づきあいをよくすれば、穏やかに平和に生活することができます。
  • 真面目に努力を続ければ評価されますので、当面独立独歩を考えずに、一歩退いた立場で、女房役、裏方に徹することが成功への近道です。
  • 職場では縁の下の力持ち、見栄えがしない、損な仕事が回ってきてもくさらずやり遂げることが大切です。働く意欲が湧いてくるので、万一転職が避けられない場合は、今の仕事を続けながら、根気よく希望する職種を探して下さい。
  • 商売・事業では、将来の飛躍に向けて、人材育成研修の実施、原価低減をはじめとする経費の削減に努めなければなりません。
  • 飲み友達、幼なじみ、職場など身近な所で恋愛のチャンスがあり、結婚相手が見つかる可能性があります。交際中の人も結婚への意識が高まる傾向があります。
  • 家庭内が明るさを取り戻し、活気が出てきます。運動会やPTAなど学校行事にすすんで参加し、家族との会話を増やして絆を強めて下さい。
  • 収入も少しずつ増えてきそうですが、気を緩めて無駄使いしないように気をつけなければなりません。貯蓄の楽しみを知る時です。

○基本的運命

  • 一白水星の人は、陰か陽か、強情か柔和か、はっきりした性格で、凝り性で秘密を好み、付き合いは悪くないのですが、妙に孤独になる人が多いのが特長です。
  • 注意すべきことは、自分一人で事を進めないことです。
  • 問題が起こった時に立ち向かっていく気迫や実力が伴わず難しい局面を解決できないことが多々ありますので、家族や信頼できる友人、アドバイサーに相談することが大切です。

TOPページ

ページの先頭へ