高野白山の九州易占塾

平成26年(2014年)の運勢~五黄土星の人

(立春の平成26年2月4日から平成27年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢

  • 五黄土星が天空、父、威厳、活動、先祖を象徴する乾宮(けんきゅう)に廻り込みます。
  • 前年のように高ころびする危うさがないので、運勢は万事好調です。上昇志向、優れた先見の明、切れ味の良さを生かす時が来ています。
  • 商談、縁談など社会的にもプライベートでも活発に動くことができ、多忙な日々が続きますが、一年全体をみれば健全で充実した生活を送ることができます。

○生活の指針

  • 威張ったり、頑固になったり、自信過剰になったりして、人と対立、争いをする傾向が出てきますので、孤立しないよう根拠のない強気の言動を控える必要があります。他人のアドバイスに耳を傾けることが大切です。
  • 職場では、言い争いが起こるなどやや波乱があるという暗示がありますが、一歩引いた姿勢を持てば、上司や先輩など目上からの応援があり、実力を認められ、昇進・昇給など引き立てを受けるチャンスが来るでしょう。
  • 商売・事業では、後援者の協力で上昇気流に乗ることができます。資金面での見込み違いが起こる可能性がありますので、特に官公庁関係への提出書類には細心のチェックが必要です。
  • 行動範囲が広がるので、新鮮な出会いのチャンスがあります。意地を張ったり、エゴが強く出る傾向にありますので、交際相手がいる人は、気持ちを切り替えて今までの自分を振り返ることができれば、結婚を期待していいでしょう。
  • 愛情豊かな性格でありながら、傲慢な部分もあるので、仕事が多忙のあまり、家庭を顧みないことが不和を招く原因になります。家族サービスをこれまで以上に心がけましょう。
  • 金運がついてきますが、高額な商品を買ったりギャンブル、投資に走ったりせず、平常心を忘れないようにして下さい。親から受け継いだ資産があれば、ご先祖の墓参りが資産保全の一助となるかもしれません。

○基本的運命

  • 五黄土星の人は、どこか一本調子で、思い込みが激しく、想像力に恵まれていないだけに特に大事なことは、実行する前に充分考え、相手の心の動きや事態の推移を冷静に把握するよう努めなければなりません。
  • 運勢の上下が激しく、ベンツを乗り回すような豪勢な生活をしたかと思うと、借金で首が回らなくなるようなどん底に陥ることがあります。
  • この危うさを乗り切るには、他人の痛みを感じる気持ちをそのつど自分の中でつくり上げ、分かち合い、共有することです。

TOPページ

ページの先頭へ