高野白山の九州易占塾

平成26年(2014年)の運勢~七赤金星の人

(立春の平成26年2月4日から平成27年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢

  • 七赤金星が山岳、停滞、強欲、変動を象徴する艮宮(ごんきゅう)の場所に廻ります。
  • 行く手を山塊に阻まれるような、視界不良の年になります。物事が容易に進まず停滞する状況でありながら、一方では活動の気運が生じるため、複雑な変化、変調を起こしやく、仕事でもプライベートでも折り目、節目に立たされる暗示があります。

○生活の指針

  • 対人関係も含めて、外部からの要因で変化が起こりやすく、迷いやあせり、悩みが多くなりそうですが、しっかりした裏付けや綿密なプランがない限り、自ら行動して変化を求めてはなりません。
  • 職場では、仕事内容や人事異動により、業務環境の変化が生じやすい傾向がありますが、今年いっぱいは異動希望や転職など考えずに、粘り腰を発揮して現在の仕事から離れないようにしましょう。
  • 商売・事業では、人事規則や就業規則を改正するなど組織内部をかため、また将来の発展に向けて剰余金等社内留保を温存しておく必要があります。新分野への参入を検討する場合は、しっかりした計画のもとに慎重に対応すべきでしょう。
  • 手持ちのプロジェクトがあれば、根気強く、慎重に調査を続け、間違いないと思えるレベルまで計画を練り上げる必要があります。
  • 恋愛や結婚生活でも変化が生じる時です。相手を束縛したり、独占しようとして、せっかく築きあげた関係が破局する暗示がありますので、冷静な付き合いを心がけて下さい。
  • 家庭では、住宅など不動産取引や相続問題がクローズアップされますので、ライフスタイルの変更が考えられます。転居や住宅の購入は吉方位を選んで慎重に行動して下さい。
  • 金銭運が不調なだけに欲が出てくるのが今年の特徴ですが、リスク回避、投資話には乗ってはいけません。むしろ節約、支出減を考えて下さい。

○基本的運命

  • 七赤金星の人は、陽性で派手、お洒落で流行の先端を追いかけたがり、また人を惹きつける不思議な魅力を持っています。
  • 商才にたけているのが普通で、金運が強いものの、人一倍浪費癖があるので、貯蓄は苦手なタイプが多いでしょう。
  • 同じような過ちを3回も4回も繰り返すのが特徴です。失敗の理由や原因をとことん追求し、把握する癖をつけ、今後に生かしていくという姿勢を持ちましょう。

TOPページ

ページの先頭へ