高野白山の九州易占塾

令和2年(2020年)の運勢~四緑木星の人

(立春の令和2年2月4日から令和3年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢

  • 四緑木星が大地、母、従順、根気、労働を象徴する坤宮(こんきゅう)に回り込みます。
  • 今年は、衰退の運気から逃れるので、大地に足が着いたようにほっと安心できる年になり、未来へ向けて蒔いた種子がいよいよ発芽の準備をはじめるでしょう。
  • 昨年の不調を引きずる今年前半に課題に取り組むと、後半から少しづつ活力増進の気運が出てくるので、解決へ向けて事態が動き始めます。

○生活の指針

  • 人の意見を参考にしたり、従順に教えを乞う姿勢、また信頼できる友人に相談する気持ち、そして人づきあいをよくすれば、穏やかに平和に生活することができます。
  • 真面目に努力を続ければ評価されますので、当面独立独歩を考えずに、一歩退いた立場で、地道に女房役、裏方に徹することが成功への近道です。
  • 職場では縁の下の力持ち、見栄えがしない、損な仕事が回ってきてもくさらずやり遂げることが大切です。働く意欲が湧いてくるので、万一転職が避けられない場合は、今の仕事を続けながら、根気よく希望する職種を探して下さい。
  • 商売・事業では、将来の飛躍に向けて、人材育成研修の実施、原価低減をはじめとする経費の削減に努めなければなりません。今年は、特に不動産の買収、売却に縁がありそうです。
  • 飲み友達、幼なじみ、職場など身近な所で恋愛のチャンスがあり、結婚相手が見つかる可能性があります。交際中の人も結婚への意識が高まる傾向があります。
  • 家庭内が明るさを取り戻し、活気が出てきます。運動会やPTAなど学校行事にすすんで参加し、家族を支えるサポーターの一人として意識して会話を増やし、絆と連帯を強めて下さい。
  • 土地との縁が深くなり不動産売買の暗示があるので、ローン返済の見込みがたち自宅購入の可能性があります。
  • 生れつきの金銭運に加えて、今年は仕事への意欲が評価されるにつれ、収入も少しずつ増えてきそうですが、気を緩めて無駄使いしないように気をつけなければなりません。コツコツと貯蓄の楽しみを知る時です。
  • 今年後半から活発に動く日々が始まるので、胃腸の働きを助けるため、暴飲暴食を控え食事の時間を充分に確保して下さい。

○基本的運命

  • 四緑木星の人は、物腰が柔らかく風のように行ったり来たり東奔西走し、ある意味柔軟な生き方をしますが、恋愛に関しては激しい情熱を秘めているのが特長です。
  • 飛躍を好まず、仕事の面でも、一つの事業の見込みをつけた段階ではじめて次の事業展開を検討するような用心深いタイプなので、何をしても失敗して致命傷にはなることはありません。
  • ただし、移り気で次々に立位置を変える傾向が強く、幸運を逃さないためにも、決定の際はよくよく吟味すること、そしていったん決定したことは変更しない勇気、目移りしない辛抱強さを覚えましょう。

TOPページ

ページの先頭へ