高野白山の九州易占塾

令和3年(2021年)の運勢~七赤金星の人

(令和3年2月4日から令和4年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢~活動躍進運

  • 七赤金星が活動躍進運を意味する、空、父、活動、威厳、先祖の乾宮(けんきゅう)に廻り込みます。
  • 前年のように高ころびする危うさがないので、運勢は万事好調です。上昇志向、優れた先見の明、躍動感にあふれ、物事が順調に運ぶ時が来ています。
  • 商談、縁談など社会的にもプライベートでも活発に動くことができ、多忙な日々が続きますが、今年は暗剣殺がかかるので、急激な環境悪化に直面しそうです。焦らずじっくり解決する姿勢で臨んでください。

○生活の指針

  • 威張ったり、頑固になったり、自信過剰になったりして、人と対立、争いをする傾向が出てきますので、孤立しないよう根拠のない強気の言動を控える必要があります。他人のアドバイスに耳を傾けることが大切です。
  • 職場では、言い争いが起こるなどやや波乱があるという暗示がありますが、一歩引いた姿勢を持てば、上司や先輩など目上からの応援があり、実力を認められ、昇進・昇給など飛躍のチャンスがくるでしょう。
  • 商売・事業では、後援者の協力で事業拡張の上昇気流に乗ることができます。資金面での見込み違いが起こる可能性がありますので、特に官公庁関係への提出書類には細心のチェックが必要です。
  • 行動範囲が広がるので、高望みしなければ出会いのチャンスがあります。意地を張ったり、エゴが強く出る傾向にありますので、交際相手がいる人は、気持ちを切り替えて今までの自分を振り返ることができれば、結婚を期待していいでしょう。
  • 本来愛情豊かな性格でありながら、今年は、威圧的な部分が出てくることもあるので、仕事の多忙さにかまけて、家庭を顧みないことが不和を招く原因になります。家族との団らん、家族サービスをこれまで以上に心がけましょう。
  • 金銭運も上昇気味、大金を動かすことがあるかもしれません。収入が増えるだけに、浪費傾向が出て高額商品を買ったりギャンブル、投資に走ったりしやすい時期です。平常心を忘れないようにして下さい。親から受け継いだ資産があれば、ご先祖の墓参りが資産保全の一助となるでしょう。
  • 多忙で充実しているだけに、無理をしやすいので、意識して規則正しい食事と充分な睡眠に努めてください。

○基本的運命

  • 七赤金星の人は、陽性で派手、お洒落で流行の先端を追いかけたがり、また人を惹きつける不思議な魅力を持っています。
  • 臨機応変で商才にたけているのが普通で、金運が強いものの、人一倍浪費癖があるので、貯蓄は苦手なタイプが多いでしょう。
  • この星に生まれた人は、同じ過ちを何回も繰り返すのが特徴です。失敗の理由や原因をとことん追求し、把握する癖をつけ、今後に生かしていくという姿勢を持ちましょう。

TOPページ

ページの先頭へ