高野白山の九州易占塾

平成26年(2014年)の運勢~二黒土星の人

(立春の平成26年2月4日から平成27年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢

  • 二黒土星が震雷、希望、広告、露見を象徴する震宮(しんきゅう)にかぶさってきます。震宮は、自然現象では、春雷、季節では心浮き立つ春、方角では朝日が昇る東、一日のうちでは夜明けを表します。
  • 今年は、九年に一度廻ってくる運気上昇の始まり、活気と希望に満ちた年になります。
  • 目標が達成できる年なので、迷うことがあっても自分のカンを信じて行動するといい結果になります。

○生活の指針

  • 仕事でもプライベートでも交際、交流が活発になるにしたがって、様々な誘いがあるのが今年の特徴ですが、気持ちが先走りしやすいので、いい話と思った時こそ綿密な調査を忘れないで下さい。自分のペースを押しつけて孤立することがありますので、人の意見をじっくり聴く姿勢を心がけましょう。
  • 善いことも悪いことも露見の作用が働き、積み残しの問題が表面化することがあります。借金や異性問題等隠し事があらわになった場合の対応策を考えておきましょう。
  • 職場では、配置転換など新風が吹き込み、何事もテキパキ運んで仕事がさばける時です。
  • 事業展開では、新規プロジェクトの実施を検討する時期です。新商品が評判になったり、広告・宣伝の効果が表れ、新規分野への進出の見込みがつくなど発展の兆(きざ)しが表れます。目にみえて好成績を残し、周囲の評価が高まるでしょう。
  • 恋愛面では、好調の気配がありますので、新しい出会いが期待できます。カップルの人は、結婚を意識するようになりそうです。
  • 本来、愛情豊かで働き者ですが、今年は、気持ちが外に向きやすくなるので、家庭では家族との会話、ふれあいを意識して心がけて下さい。
  • 交際範囲が広がったり、新規事業の立ち上げなどで、出費が増える傾向がありますので、収支のバランスに注意して下さい。

○基本的運命

  • 二黒土星の人は、社会の礎(いしずえ)となって他者へ奉仕するという美質を持っています。この星に生まれた人は、他人を助ければ助けるほど不思議に運勢が開けていきます。
  • 一歩一歩足場を固め前進していくタイプで、ある意味大器晩成型でもあるので、最初に決めた方針を貫くことが賢明です。
  • カムバックするまで普通以上に時間がかかるので、若い時は、転職・独立を安易に選択してはいけません。
  • また、性格が地味な上に、我慢強く、粘り強いので、派手な仕事についてもできるだけ補佐、裏方にまわる方が利口です。

TOPページ

ページの先頭へ