高野白山の九州易占塾

平成26年(2014年)の運勢~三碧木星の人

(立春の平成26年2月4日から平成27年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢

  • 三碧木星が風、信用、縁談、通信、遠方を象徴する巽宮(そんきゅう)に廻り込みます。
  • この年は、上り調子、加速度的に活躍、実績が認められて、社会的にもプライベートでも信用、信頼を勝ちとることができます。人の縁を大切にして下さい。思わぬ遠隔地から連絡が入り、新しい人間関係が生まれる時でもあります。
  • 未整理の諸問題も徐々にまとまってきます。公私ともに順調、追い風に乗りましょう。今年は、急激な災難を意味する暗剣殺がついています。

○生活の指針

  • 残った問題が整理できるようになり、解決へ向けてスムーズに進展していくでしょう。ただし、暗剣殺の影響で、交際や信用問題でいきなりトラブルに巻き込まれる暗示がありますので、注意が必要です。
  • 面談するより、手紙、メール、電話、ファックスなど通信ツールをフル活用して動けば話がととのいやすいという暗示があります。
  • サラリーマンであれば、実力、実績が認められ昇進のチャンス、職場のうわさ話に動揺する必要はありません。
  • 自営業なら昨年に比較して売り上げを伸ばすことができます。交際範囲が広がり、特に遠方からの商談の問い合わせも多く、盛況の兆(きざ)しがあります。
  • 体力も気力も充分、縁談や新しい出会いがあり、恋愛も好調です。交際中の人は、結婚にふさわしい年となりますので、積極的に道筋をつけて下さい。
  • 家庭では、出張で遠出する機会が増えますので、家族と過ごす時間が少なくなるかもしれません。また、人の相談や依頼が多くなりますが、他人の世話より自分の足元を固めておくことを忘れないで下さい。
  • 今までは、お金に困ることはあまりありませんでしたが、人脈の広がり、交際範囲の拡大で出費が増えますので、プラス・マイナスゼロでしょう。

○基本的運命

  • 三碧木星の人は、冒険心に富み、知恵と感覚に頼って未知の世界にも恐れず突進していく覇気の持ち主です。善悪を厳しく峻別し、猛り狂う雷のような気迫があります。
  • 熱しやすく冷めやすい感情の持ち主が多く、仕事でも恋愛でもいったん見切りをつけると誰にも相談せずに退職したり、別離を言いだしたりすることは珍しくありません。
  • ただ、目標の途中で挫折しやすいので、周囲の評価に配慮することと良きアドバイザーを持つことが大切です。

TOPページ

ページの先頭へ