高野白山の九州易占塾

平成26年(2014年)の運勢~四緑木星の人

(立春の平成26年2月4日から平成27年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢

  • 四緑木星が万物の生成と消滅をつかさどる中宮(ちゅうぐう)に移動します。
  • 運勢が頂点に達するので、今年は、衰微の始まりととらえることができます。いきなり失職や事故・病気でどん底に落ちるようなことがあるので、要注意の年となります。
  • 良くも悪くも吉凶禍福のパワーが強く働き、活気と停滞がはっきりあらわれ、いいことが続くと、そのあと不運に見舞われることがあります。

○生活の指針

  • 今年は、傲慢さや強引さ、独善的な気持ちが強く出てきますので、対立や論争を避けるよう心がけた上で、相手を思いやる豊かな心、いたわりの心が、苦境を乗りきる原動力となります。身を滅ぼすもととなるギャンブルやアルコールにはまりやすい傾向が出てくるので、適度に楽しむという自己管理を忘れないようにして下さい。
  • 八方塞がりになった場合でも、あせらず、むやみに動かず、じっとしておくことが、無難に過ごすコツです。
  • 職場では、リーダー的存在として業務の中心になるという暗示がありますが、思いつきや力量以上の挑戦をせずに、チームプレイを心がける方がうまくいくでしょう。
  • 商売・事業では、大勝負に出るのは不可、現状維持に努めましょう。無駄を省き、効率性向上に努めるなど内部の問題を解決する好機です。
  • 人とのかかわりが多くなり、異性からも注目されるので、出会いの機会が増えます。交際中の人は、嫉妬や独占欲も強くなり、相手を傷つけることがありますので、この点に注意すれば、結婚まで一気に進むことがあります。
  • 家庭では、安心感からわがままが出やすく、亭主関白ぶりが不和のもとになります。家族の言い分をよく聴き、団結を強めて下さい。
  • 貯金や投資への関心が薄く、今まではお金に困ることはありませんでしたが、来年以降は、運勢が下降しますので、余裕があれば貯蓄をお勧めします。

○基本的運命

  • 四緑木星の人は、物腰が柔らかく風のように行ったり来たり東奔西走し、ある意味柔軟な生き方をしますが、反面熱しやすく冷めやすいのが特長です。
  • 飛躍を好まず、仕事の面でも、一つの事業の見込みをつけた段階ではじめて次の事業展開を検討するような用心深いタイプなので、何をしても失敗して致命傷にはなることはありません。
  • ただし、移り気で次々に立位置を変える傾向が強く、幸運を逃さないためにも、決定の際はよくよく吟味すること、そしていったん決定したことは変更しない勇気、目移りしない辛抱強さを覚えましょう。

TOPページ

ページの先頭へ