高野白山の九州易占塾

平成26年(2014年)の運勢~六白金星の人

(立春の平成26年2月4日から平成27年2月3日までの一年間の運勢)

○運勢

  • 六白金星が澤潤、悦び、飲食、金銭を象徴する兌宮(だきゅう)を占めます。兌宮は、季節は収獲の秋、方角は夕日が沈む西、一日のうちでは夕暮れを意味します。
  • 今までの努力が報われる実りの秋を迎え、褒美の果実を受け取ることになるでしょう。特に金銭面の余裕がでてきて、社交や交際の機会も増えて絶好調の一年となります。
  • 入学、就職、縁談、結婚、出産など公私ともに吉慶に恵まれ、恋愛、旅行、パーティ、趣味など充実した、楽しい日々が続き、悦び多い生活を送ります。

○生活の指針

  • 酒食のつき合い・交遊が多くなります。よく食べ、よく飲んで大いに楽しみ良好な人間関係をつくって下さい。
  • 失言が相手を傷つけ、信頼を失うという暗示がありますので、今年は特にご注意下さい。他人の秘密や悪口も軽々しく口外してはいけません。「口は災いの元」になることもありますので、ハートを持って話して下さい。
  • 職場では、手持ちのプロジェクトがあれば、実行する時です。今年こそ、根気強く、粘り強く立ち向かえば、計画倒れになることはありません。
  • 商売・事業では、これまでのサービス精神が信頼され、盛況の兆(きざ)しをもたらしますが、ずさんな経営にならないよう気を引き締める必要がありそうです。
  • 交際相手がいる人は、結婚に進む可能性があります。交際相手がいなくても、見合い話など新しい出会いが期待できます。
  • 家庭では、試験合格、縁談、結婚、出産という祝い事が続きますが、レジャーにも縁がある今年は、家族そろって遊びに行ったり、小旅行もお勧めです。
  • 金銭に縁ができるというものの、飲食、レジャー、趣味など出費が重なりますので、贅沢や浪費を慎まなければなりません。

○基本的運命

  • 六白金星の人は、強い性格と運命を持っていますが、粘り強くまた押しが強すぎるため、傲慢と思われ無用の摩擦が起きることがあります。プライドが高い上に正直すぎるのです。
  • 対人関係では、一呼吸置いたうえで、相手と接触することが生活の要領です。蛇のような狡猾な知恵を身につけるよう心がけて下さい。
  • 一生の波乱は多い方で、独立運がついているので、大組織ではなく小さなセクションであれば、親分肌で、侠気にあふれる六白金星の人は、存分に腕を振い幸福感を持って生活していくことができるでしょう。

TOPページ

ページの先頭へ