高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野シリーズ~コメダ珈琲店

名古屋には、お城やういろう、きしめんなど名所、名物がたくさんあります。

日本列島の東と西の圧力を受けながら、名古屋は、東京、大坂に対抗して、独自の文化圏を築いてきました。

羊羹や餅に似ているものの、やや食感が違うような、独特の持ち味を持つういろうという食べ物は、名古屋文化の独立性を象徴しているようです。

コメダ珈琲店は、名古屋を本拠にした、軽食がでる喫茶店チェーンです。

座席をブースで囲んでいるので、一人で入って本を読んでもいいし、友人と行ってゆっくりと会話を楽しむこともできます。

プライバシ―を大切に守る、というお店のコンセプトが利用者に伝わり、居心地の良さは抜群です。

喫茶店でコーヒーを飲むのは口実で、実は、休憩したかったり、本を読みたかったり、話をしたかったり、くつろぎの空間を求めるのが利用者の本音です。

コメダ珈琲店が博多の天神あたりに出店すればいいな、と思っています。

コーヒー付き休息所の利用料金350円は、安いものです。

コーヒーカップの楽しいデザイン
コメダコーヒー7

TOPページ

ページの先頭へ