高野白山の九州易占塾

徒然の記

易占い~カード法

易占いは、筮竹でもカードでもサイコロでもコインでも、また無筮立卦法といってツールを使わなくても占うことができる融通無碍(ゆうずうむげ)、出処進退の判定に関しては、王者の占法です。

簡単にできるので、カードを使って占う方法をご紹介しましょう。

1番札から8番札まで8枚のカードを用意します。(数字を書いた紙片でも可)

的中を念じながら充分にシャッフルして、引き抜いたカードの数字が8番札なら、「地」とメモします。

8番札のカードをもとに戻します。

再度シャッフルして、また1枚を取って、3番札が出たとすると、「火」を意味するので、「地」の上に「火」と書き加えます。

上が火、下が地なので、「火地晋」という卦が出ました。

次に、爻を出してみましょう。

1番札から6番札まで6枚のカードを使います。

同じようにシャッフルしたあと、1枚を引き抜きます。

5番札が出たとすると、5爻になります。

したがって、結果は、火地晋の5爻となります。

火地晋の意味は、

「康侯は、多くの馬を天子から賜り、一日に三たび接見を許される。」という縁起のいい内容です。

また、5爻の意味は、

「悔いはない。失敗や成功に一喜一憂することはない。進んで行けば、吉にして良くないということはない。」

火地晋の5爻が出た場合は、少々の失敗は気にせずに、そのまま実行して問題ない時です。

・八卦の数字と内容は、以下のようになります。

1~乾(天)、2~兌(澤)、3~離(火)、4~震(雷)、5~巽(風)、6~坎(水)、

7~艮(山)、8~坤(地)

・爻は、初爻から上爻まで六つあります。

初爻、2爻、3爻、4爻、5爻、上爻

卦を出す場合は、8枚のカード
カード8

爻を出す場合は、6枚のカード
カード6

TOPページ

ページの先頭へ