高野白山の九州易占塾

徒然の記

短編小説シリーズ~監獄(その8)

監獄(その8)

客がいる店でローザの金切り声を聞いたのだ。

客が集まっているのを押し分けてみると、ローザがキャンディー棒を持った女の子を捕えて、こん棒で頭を風船のようにひどくこづいていた。

見ていて、いやになった。

馬鹿野郎、とどなって娘を引き離したが、少女の青ざめた顔は恐怖そのものを表わしていた。

「どうしたのか」とローザに大声で聞いた。

「血が見たいのか」

「泥棒なのよ」とローザが叫んだ。

「黙ってろ」

わめくのをやめさせようとして口元をぴしゃっりと打ったが、思ったより強くやってしまった。

ローザはあえぎながらあとずさりした。

ぼーっとしながらもまわりの人を意識して見回し、叫び声を上げ、そして笑おうとしたが、客は血が点々とにじんだ歯を見るはめになった。

「帰るのだ」とトミーは娘に言ったが、その時、入口の近くがちらっと動いたと思ったら、彼女の母親が入って来た。

「どうしたの」と母親が尋ねた。

「お菓子を()ったのよ」とローザが叫んだ。

「俺が取)らせたんだぜ」と言ったのはトミー。

また殴られるかもしれないと思ったのか、ローザは娘を見つめたまま唇をゆがめてすすり泣き始めた。

「一つはお母さんのものよ」と娘が言った。

母親が思いきり自分の娘をひっぱたいた。

「この泥棒が、今度こそたっぷりお灸をすえてやるよ」

娘の腕を(つか)んで手荒くぐいっと引っぱった。

女の子は醜い踊り子のように、半分駆け足になったり前かがみになったりしながらも、入口で白い顔をくるりと彼に向けると、赤い舌を強くつき出した。

~完~

 

バーナード・マラマッド(Bernard Malamud)

1094年4月、ニューヨーク・ブルックリン生まれ。
ロシア系ユダヤ移民の子。ユダヤ系の代表的作家。
「監獄」(The Prison )は短編集「魔法の樽」(The Magic Barrel)の一編。

 

TOPページ

ページの先頭へ