高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野シリーズ~博多山笠

博多山笠は、福岡博多区にある、創建以来1300年近くになる櫛田神社の神事ですが、普通の山笠と違うのは、山車に車輪がついていないため、いったん人力で担ぎあげてから、地面にガタガタ当たりながら、こするようにして全速力で前に進めていきます。

担ぎ手は、担ぐ、というより山車の推力に引っ張られるので、必死になって命綱であるかき縄にしがみ付いているのが実情です。

もしも先棒にいて途中でかき縄を離すと、重さ1トンの山車にぶつけられてまず命はないでしょう。

若い時に中洲流(なかずながれ)を担いだことがありますが、思い出すたび冷や汗ものです。

素盞嗚命は、荒事をお喜びになるようです。

今年も7月15日午前4時59分、櫛田神社の境内を一周する清道回りからスタートします。

三番山笠 大黒流(表)
大黒流表

三番山笠 大黒流(見送り)
大黒流見送り

清道回りの中心点(櫛田神社境内)
清道の中心

TOPページ

ページの先頭へ