高野白山の九州易占塾

徒然の記

ブラ高野~名島門

名島門は17世紀小早川隆景(こばやかわたかかげ)が多々良川入口の名島(福岡市東区)に築いた名島城の脇門でした。
黒田長政が本拠を名島城から福岡城に移すとき、黒田二十四騎の一人である林掃部(はやしかもん)に下げ渡され、林家の門として使用されていたそうです。

明治中期ごろ、長崎に移築されそうになりましたが、当時の代議士平岡浩太郎氏によって買いとられ、自宅の門として使用されていました。
戦後、平岡浩太郎氏の孫によって現在地福岡城跡に移されました。
当時の面影そのままに福岡市内では貴重な屋敷門です。

名島門表

名島門裏

四神相応の意味~大地の吉相


1 概要
四神(しじん)とは、精霊を配置した四つの方位をいいます。
四神相応(しじんそうおう)の土地とは、縁起の良い大地の有様です。
東は、またの名を青龍(せいりゅう)といい、西は別称を白い虎の白虎(びゃっこ)、南の別称は火の鳥である朱雀(すざく)、北の別称は亀の化け物のような玄武(げんぶ)といいます。
理想的な吉相の地形は次の通りです。
「土地の東には清らかな水の流れがあり、西には大きな道が開け、南は、平地で太陽の恵みを十分に受けられ、北は山があり冷たい風を防いでいる」 (富塚崇史著「家相と間取り」より引用)

2 四神相応の内容
四神相応(しじんそうおう)の内容とは、次のように定義していいでしょう。
・平地で東と南の陽ざしを受けられる。
・風通しがよく湿気が少ない。
・北に川や池など水場がない。
・出っ張り、引っ込みのない正方形か長方形 (富塚崇史著「家相と間取り」より引用)

3 京都盆地における四神相応
京都盆地における四神相応(しじんそうおう)は、鴨川を東の青龍に見立て、西の白虎は大道である山陰道、南の朱雀は湖の巨椋池(おぐらいけ)、北の玄武に船岡山(ふなおかやま)を当てはめる説が有力です。

※巨椋池(おぐらいけ)~現在では、埋立てで消滅しているが、かつては京都南方にあった、周囲約16km、水域面積約8平方kmの湖であった。

4 四神の名称使用例
会津藩の軍事組織は、年齢別に17歳以下は白虎隊、18歳から35歳は朱雀隊、36歳から49歳は青龍隊、50歳以上は玄武隊と名付けていました。
戊辰戦争で集団自決したのは、17歳以下の白虎隊士20名でした。

ブラ高野~博多座

博多座(はかたざ)は、福岡市博多区下川端町にある演劇専用劇場で、大型複合商業施設である博多リバレインのテナントです。
この演芸場の座席数は、1500席、九州最大で、西日本一帯から来客されます。
来月には近松門左衛門の曾根崎心中を手がかりに三谷幸喜が演出した、人形浄瑠璃の新作である其礼成心中(それなりしんじゅう)が発表されます。
毎年6月には歌舞伎興行の前に隣を流れる博多川で歌舞伎役者達による船乗り込みが行われます。

博多座玄関口

其礼成心中ポスター

三易とは

連山易、帰蔵易、周易の総称を三易(さんえき)といいます。
夏王朝(BC21世紀~BC17世紀)では連山易、殷王朝(BC17世紀~BC11世紀)では帰蔵易が行われ、現在の易は周王朝(BC11世紀~BC3世紀)で生まれたので周易といいます。
三易とも八卦を組み合わせて占うのは共通しているものの、連山易、帰蔵易は詳細不詳です。

登録有形文化財~伊佐家住宅

小倉と唐津を結ぶ旧唐津街道沿いの藤崎に登録有形文化財である伊佐家住宅が建っています。
伊佐家は、戦前までは油屋を屋号として米穀や肥料、その後は建材やラムネの製造販売など様々な家業を営んできたそうです。

登録有形文化財の建物は母屋と土蔵の2棟、母屋は木造2階建、瓦葺(かわらぶき)で、店舗部分と座敷部分で構成されています。
母屋の外観は、漆喰塗(しっくいぬ)りや出窓のような出格子(でごうし)という懐かしい伝統的な姿を今に伝えています
表からは土蔵の屋根を見ることができます。

※登録有形文化財~重要文化財指定制度を補うため、基準を緩和して創設された文化財保護のための国の登録制度

母屋

登録有形文化財のサイン

土蔵

地相

土地の吉凶を地相といいます。不運・不幸を避けるため、土地は慎重に選定しなければなりません。地相は、次のようにみることができます。

1 土地利用
建ぺい率の基準は満たしていても敷地いっぱいに建物があると、周辺環境も含めて狭苦しく感じる。家づくりは、豊かなくつろぎの空間づくりであるので、余裕をもたせた土地利用を心がけなくてはならない。
※建ぺい率~敷地面積に対する建築面積(建坪)の割合、100坪の土地で建ぺい率80%であれば、法律上は、建築面積80坪の建物を建てることができる。

2 土地の形
台形やひし形、L字形という変形の土地は住宅用地として不可である。特に三角形の土地は避けなればならない。三角形の土地に住むと、落ち着いた生活ができず、ノイローゼなど発症することがある。

3 北に水路がある土地
北側にある、湿気や寒さの原因となる水路は、流れさすらうことを意味するので、運気が衰え子孫が繁栄できないといわれている。改善方法は、家の前の水路に蓋をして暗渠とすることである。

4 南に小高い丘がある土地
南に小高い丘がある土地に住むと、太陽の南中により午後から陽当たりが悪くなり、運勢を停滞気味にする。

5 行き止まりの土地
路地の一番奥、どんづまり状態の土地を路殺の相という。この家に住むと、風水害の被害や近所とのトラブルが起こりやすい。

ブラ高野~船乗り込み(博多川)

船乗り込みは、歌舞伎俳優が船に乗ってご当地到着をお披露目する行事です。
博多座では六月に二代目松本白鸚(まつもとはくおう)と十代目松本幸四郎の襲名披露があり、船乗り込み一同は、キャナルシティ博多横の清流公園から鏡天満宮前まで約800メートルの博多川を三味線や鼓といった鳴り物とともに船で下りました。
今や船乗り込みが定期的に行われているのは、博多川と大阪の道頓堀だけだそうです。
両岸のファンからは高麗屋(こうらいや)とか澤潟屋(おもだかや)のかけ声が飛んでいました。

松本白鸚(まつもとはくおう)

鏡天満宮前に到着

市川笑也(いちかわえみや)

十二支の意味

十二支は、ねずみやうしなど動物名を使っているのでわかりにくいのですが、草木(そうもく)に例えて、いのちの営み、即ちその発生、成熟、死滅の過程を十二段階に区分し、説明したものです。
十二支の支は枝を表し、十干の干は幹を意味し、十二支と十干で樹木の枝と幹を表現しています。
十二支の意味は次のようになります。

子(ね)は、ふえる、という意味で、種子の中に生命が誕生した状態をいう。
丑(うし)は、からむ、という意味で、生命が種子の中で十分伸びていない状態である。
寅(とら)は、うごく、という意味で、草木が春の暖かさを受けて地上に芽を出す様子を表す。
卯(う)は、しげる、という意味で、芽を出した草木が地面を覆う様子を示す。
辰(たつ)は、ふるう、という意味で、春の暖かさもたけなわ、草木の活力が盛んな様である。
巳(み)は、やむ、という意味で、草木の繁茂が極限となった様子である。
午(うま)は、さからう、という意味で、草木が繁殖の極限から衰微へ向かう状態である。
未(ひつじ) は、あじ、という意味で、草木が成熟して滋味がつき始めた状態である。
申(さる)は、うめく、という意味で、成熟した草木の旨味が増し、固定していく状態を表す。
酉(とり)は、ちぢむ、という意味で、草木が成熟の極限に到達した状態である。
戌(いぬ)は、ほろぶ、という意味で、草木が枯れ落ち死滅した状態を指す。
亥(い)は、とざす、という意味で、草木が凋落し、生命力が種子に閉ざされた状態である。

ブラ高野~銭洗御神水

筥崎宮(福岡市東区)の境内には銭洗御神水が流れています。
銭洗いと言えば、東京の小網神社を思い出しますが、皇族下乗のサイン(石柱)を立てるほど気位が高く、日本三大八幡宮の一つでもある筥崎宮にしては、思い切った参拝者サービスというべきでしょう。
流通する金銭の総量は変わらなくても、お金がぐるぐる循環すれば金が金を生んでみんなが金持ちになることができるのが金銭の持つ不可思議性の一つです。

看板によると、利用方法は次の通りです。
「金銭をてぼに入れ御神水で洗い清めて心清らかに福寿開運を念じてください。
お金をてぼ(竹かご)に入れます
御神水で洗い清めて御利益を念じます
てぼから取り出しタオル等で拭きます
持ち帰ったお金はご使用いただく事で 世の中を巡り福を授かると信じられています」

銭洗御神水

利用方法

皇族下乗

良い家相とは

良い家相の条件は次の通りです。

・家の向き
家の向きを東西南北にぴたりと合わせると、「正中する」といって凶相になるので東南の方向に心もち傾けるのがよい。

・水まわり(トイレ、台所、浴室)の位置
家を人間の身体に例え、臨月における胎児を想定して、頭を床の間として東か南につくり、尻の部分にあたる西北をトイレ、浴室、台所とするのが定石である。
トイレ、浴室、台所は西北に小さくまとめる

・土地の清め
古井戸や池があれば石やコンクリートを残らず除去して土地をきれいにした上で、埋め戻さなければならない。土地を清浄にすることなく埋めた場合は、住人に水に関する病、すなわち慢性鼻炎の患者が出ることがある。

・屋根
屋根は施主の嗜好、好みが出る場所であるが、屋根は先天図で乾を指し、南である。屋根の段差である天窓の家に住む人は、乾すなわち人間でいえば頭にエネルギーが通りにくくなるので脳梗塞を患う。対策は、家屋全体にゆがみがこないよう天窓は撤去せず、新たに天井を設置するのがよい。
東が段差で下っていると、東は長男を表すので、家族のなかで長男の影が薄くなり、東南の段差は、引きこもりなど長女に悪い影響が出る。西南に段差があると主婦の働きが鈍く、弱くなる。

・段差
床は先天図における坤であり、坤は大地を意味する。床に段差がある家は、家族に段差すなわち溝ができ家族仲が悪くなる。出入口にも段差をつくってはいけない。

・床の間
床の間は、陽ざしを集めるため、東か東南に造らなければならない。

・外壁
出窓などつくらず、すっきりした外壁がお勧めである。普通の窓であれば問題ない。

・塀、囲い
塀、囲いは、外部からの防衛、テリトリーを守る意味があり、低い生垣でもよいので必ず設置しなければならない。塀のない家では、落ち着けないので、一家の主人が帰宅しなくなる。

TOPページ

ページの先頭へ